茅ヶ崎の家

所在地:神奈川県茅ヶ崎市  用途:住宅  種別:リノベーション  延べ面積:80m2

神奈川県茅ケ崎市、築42年木造2階建て住宅をリノベーション。
外部は屋根と外壁の塗り直し、樋の交換、サッシの交換によってこの住宅の持つ佇まいを変えずに立面を整えている。内部は逆に構造体以外は解体し、空間の質を抜本的に変えている。
既存の平面を基にしながら、不要な壁や建具を取り除き、出来るだけ空間の広がりや奥行きが感じられるプランニングに注力した。天井高を見直し、採光・通風を意識して全ての開口部の大きさを微調整している。新しい部分と古い部分を共存させ、42年という時間を断ち切る事なく、自然で気取らない素朴な空間を目指した。耐震・断熱補強・設備更新といった住宅としての基本性能の向上に留まらない、新たな住み手の新たな生活を受け止めるシンプルで大らかな住宅が完成した。(テキスト・写真撮影:川原崎)

外観01
茅ヶ崎独特のくねくねとした道を抜けると見えてくる外観は、土を固めた箱に軽い屋根をのせたイメージ。

玄関ホール

玄関。リビングダイニングと廊下を間仕切る巨大なガラスの引戸。

001

ガラス引戸を開放するとリビングダイニングは玄関・廊下と一体となり、1階は大きなワンルームとなる。

003

キッチンからリビングダイニングをみる。元々別々の3室をつなげてワンルームとしている。

022

庭に向いた各室のサッシを撤去し、2室をまたぐ2間(3640mm)の木製サッシに交換。

004

ステンレスのキッチン。背面のカウンターと食器棚は大工さんが製作。

005

006

007

既存の階段は狭く急であった為、段数・踏み面を見直し、登りやすい階段に掛け直している。踏み板はフローリングに合わせて樺桜の集成材。

008

階段上部の吹抜け。サーフボードや写真を飾り、ギャラリーとなる空間。

012

施主選定のアンティークペンダントライト。ガラスブロックは既存をそのまま利用。

013

階段の途中に設けたスクエアの窓。通風窓として機能し、北側のやわらかい光を落とす。

009

2階の主寝室。ガラスの引戸によって仕切られたワークスペース。視覚的に連続した空間。ワークスペースのカウンターと本棚も大工さんが製作。

011

ワークスペースより主寝室を見る。奥に見える壁の隙間はウォークインクロゼット。

014

リビング中央の露した既存柱。素材感を残した白塗装の拭き取り仕上げ。

015

床はやわらかい色の樺桜フローリング。木の質感を残したオイル仕上げ。

016

浮かせて設置したシナ合板の造り付けTV台。こちらも大工さんの製作によるもの。

018

人が接する部分に縄を巻いた既存柱。色々試した結果、木綿の縄にて施工。

019

孔を開けただけの引手。音が聞こえる事で人の気配を感じるディテール。

020

玄関ドア
玄関ドアはウォールナットの羽目板貼り。

外部02
玄関から庭につづくアプローチには、コンクリート平板をランダムに並べている。施主が海から拾ってきた流木がいい感じ。

外部01
海から戻ると玄関を通らずに直接バスルームに入れる動線。

PDFExport

PDFExport

Exif_JPEG_PICTURE

既存建物。端整な外観、開口部のバランス、敷地に対する建ち方からこの住宅が元々もつ”主張しない魅力”があった。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE